誕生

誕生 · 9月 16日, 2019年
今日お誕生日の赤ちゃん、お誕生日の方おめでとうございます。 9月16日の誕生花は「ハゲイトウ(葉鶏頭)」。 「ハゲイトウ(葉鶏頭)」の花言葉は「不老不死」「情愛」。 花の名前は、葉が花よりも目立ち、鶏のトサカのように赤くなることからハゲイトウ(葉鶏頭)と名付けられたと言われています。 その他の誕生花にはガーベラ 花言葉は「崇高な美」 思い 想い 結ぶ mikoto雛

誕生 · 9月 15日, 2019年
今日お誕生日の赤ちゃん、お誕生日の方おめでとうございます。 9月15日の誕生花は「ススキ(薄、芒)」。 「ススキ(薄、芒)」の花言葉は「活力」「生命力」。 ススキ(薄、芒)は、夏は緑色で青々とした草原を広げますが、秋になると穂を立ち上げ黄金色に変化し、高原から道端までさまざまな場所で見かけることの多いおなじみの植物です。 ススキ(薄、芒)という名の他にカヤ、ミクサ、秋の七草としてのオバナといった名称もつけられています。ススキ(薄、芒)の名前の由来は、すくすくと立っている木から由来して付けられたと言われています。 スキ(薄、芒)の英名は「シルバーグラス」といい、イネ科の植物(=グラス)のなかでもとりわけ銀色に光る穂が美しいことから付けられた名前のようです。 思い 想い 結ぶ mikoto雛

誕生 · 9月 14日, 2019年
今日お誕生日の赤ちゃん、お誕生日の方おめでとうございます。 9月14日の誕生花は「リコリス」。 花言葉は「誓い」 別名は、ショウキズイセン(鍾馗水仙)と言います。夏~初秋の花壇を彩る球根初稿物です。地表からすくっと茎を立ち上げて、花火のような花を咲かせます。赤、ピンク、オレンジ、黄、紫、白と花色はとても豊富です。リコリスの根は古代エジプトのパピルスにも書かれている薬用ハーブです。甘い香りを持っていて、風邪や花粉症の症状を和らげる働きがあると言われています。 思い 想い 結ぶ mikoto雛

誕生 · 9月 13日, 2019年
今日お誕生日の赤ちゃん、お誕生日の方おめでとうございます。 9月13日の誕生花は「タマスダレ(玉簾)」。 「タマスダレ(玉簾)」の花言葉は「純白な愛」「期待」。 ヒガンバナ科タマスダレ属の球根植物です。6月~9月頃に針のような細長い緑の葉と、真っ白な6枚の花びらが特徴的な花です。英名では別名 「レインリリー」といわれ、雨の後に一斉に上向きに花を咲かせることから付けられた名前です。タマスダレ(玉簾)の学名の「ゼフィランサス(Zephyranthes)」は、ギリシャ語で西風という意味の「zephyros」と花という意味の「anthos」が語源とされています。 タマスダレ(玉簾)の原産地はメキシコといわれていますが、白く小さな花を「玉」、葉が集まって咲いている姿が「すだれ」にたとえられた、とても日本的な和名が付けられています。 思い 想い 結ぶ mikoto雛

誕生 · 9月 12日, 2019年
今日お誕生日の赤ちゃん、お誕生日の方おめでとうございます。 9月12日の誕生花は「クズ(くず・葛)」。 「クズ(くず・葛)」の花言葉は「芯の強さ」「快活」。 クズ(くず・葛)はマメ科の多年生つる植物で、秋の七草のひとつです。花は赤紫色で甘い香りがし、根からは漢方薬が作られているそうです。クズ(くず・葛)のつるはひと夏で10mぐらい成長し、まわりの木々をおおってしまうぐらいの生命力があります。クズ(くず・葛)の花名の由来は、今の奈良県である、大和国吉野川上流の国栖(くず)が葛粉の原産地であることが由来しているようです。英語でも日本語の「クズ」の読みから「kudzu」です。属名のPuerariaは、19世紀のスイスの 植物学者マルコ・プエラリから、montanaは 山を意味し、山林や森などの自生地を表しています。 思い 想い 結ぶ mikoto雛

誕生 · 9月 12日, 2019年
今日お誕生日の赤ちゃん、お誕生日の方おめでとうございます。 9月11日の誕生花は「サフラン」。 「サフラン」の花言葉は「喜びあふれる笑顔」。 その他の誕生花には「むくげ(Hibiscus syriacus)」意味は「デリケートな美」 「アロエ」意味は「万能」「健康」。 クロッカスの仲間で、秋に薄紫の花を咲かせてくれます。昔から貴重な植物とされていて、芳香を放つ赤く長い3本の雄しべは、さまざまな用途に使われてきました。現代でも薬用着色料として利用価値が高くて、特に料理の色づけには欠かせないものになっています。 思い 想い 結ぶ mikoto雛

誕生 · 9月 10日, 2019年
今日お誕生日の赤ちゃん、お誕生日の方おめでとうございます。 9月10日の誕生花は「シュウカイドウ(秋海棠)」。 「シュウカイドウ(秋海棠)」の花言葉は「片思い」「恋の悩み」。 江戸時代に中国からきた帰化植物と言われ、その頃から、秋の季語として松尾芭蕉らの歌にも頻繁に登場していました。シュウカイドウ(秋海棠)の名前の由来は、中国名の秋海棠の音読みにしたもので、春に咲くハナカイドウ(花海棠)に良く似た色の花を秋に咲かせる事から名付けられました。 8~10月頃に、左右大きさが違うハート形の葉のわきから紅い花茎を伸ばし、下向きに咲く淡いピンク色の花を咲かせます。 思い 想い 結ぶ mikoto雛

誕生 · 9月 09日, 2019年
今日お誕生日の赤ちゃん、お誕生日の方おめでとうございます。 9月9日の誕生花は「ハマシオン(浜紫苑・浦菊)」。 「ハマシオン(浜紫苑・浦菊)」の花言葉は「追憶」「君を忘れない」。 ハマシオン(浜紫苑・浦菊)の名前の由来ですが、「紫」は花の色、「苑」は草木が茂る場所ということから「紫の花の集まり」という説、また「紫」は花の意味ではなく、古くから薬用として根が重宝されて、その根が紫色なので「紫苑」という説もあります。ハマシオン(浜紫苑・浦菊)はウラギク(浦菊)という名前でも呼ばれます。 思い 想い 結ぶ mikoto雛

誕生 · 9月 08日, 2019年
今日お誕生日の赤ちゃん、お誕生日の方おめでとうございます。 9月8日の誕生花は「アブチロン」。 「アブチロン」の花言葉は「尊敬」「良い便り」。 アブチロンには、またの名が多く「チロリアンランプ」や「ウキツリボク」「ショウジョウカ」とも呼ばれています。ギリシャ語で「a」は否定を表すもので、「bous(牡牛)」と「tilos(下痢)」ということから来ているそうです。家畜の下痢止めとして、効果があったということから由来しているといわれています。 思い 想い 結ぶ mikoto雛

誕生 · 9月 07日, 2019年
今日お誕生日の赤ちゃん、お誕生日の方おめでとうございます。 9月7日の誕生花は「みかん(オレンジ)」。 「みかん(オレンジ)」の花言葉は「純粋」「愛らしさ」。 みかん(オレンジ)の木の花言葉は「寛大」「気前の良さ」。 みかん(オレンジ)の実の花言葉は「美しさ」「優しさ」。 初夏に白くて香りの良い可憐な花を咲かせ、秋から冬の寒い時期に元気なオレンジ色の甘くてすっぱい果実を実らせます。 みかんもオレンジも、原産はインドだと言われています。その後、アジア方面で広まったものがみかん、ヨーロッパ方面で広がったものがオレンジです。 ミカン科の果実のことを「橙(だいだい)」と言いますが、その中でもオレンジは、甘い果実を付けることから「甘橙(あまだいだい)」と呼ばれるようになりました。また、橙の語源は「代々」で、果実が年を越しても成り続けている物を代々と呼んでいることから、漢字が「橙」に変化し、徐々に橙と呼ばれるようになったそうです。 思い 想い 結ぶ mikoto雛

さらに表示する